高血圧で処方される薬は、以下の通りです。 ・利尿剤 ・β(ベータ)遮断薬 ・α(アルファ)遮断薬 ・カルシウム拮抗薬 ・中枢性交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)抑制薬 ・アンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB) ・アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE) 利尿剤には、体内の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を尿として体外に排出させる効果があるでしょう。 体内の水分が減ると、血液の量が減少しますから、血圧が下がるでしょう。 日本よりもアメリカでよく使用されているそうです。 β遮断薬は心臓の収縮力を弱めて心拍数を減少させて血圧を下げますし、α遮断薬は血管を拡張させることにより血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)を下げます。 また、カルシウム拮抗薬にも、α遮断薬と同じく血管を拡張させ、血圧を下げる働きがあります。 中枢性交感神経抑制薬は、中枢神経の交感神経を抑えて、血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)を下げる薬です。 アンジオテンシンU受容体拮抗薬には、血管の収縮や交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)活性亢進を抑える働きがあるため、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)が下がります。 アンジオテンシン変換酵素阻害薬も、アンジオテンシンU受容体拮抗薬と同じような作用を持っていますが、空咳などの副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)が起こりがちだと言えますー